薬を取りに家に戻ろうとしたら、途中に亀がいた。
知らなかった。

古いプリンターくらいある大きな水槽に亀が3匹。
酸素ボンベも入っているし、水もキレイ。


こんな所に亀がいるの、知らなかった。
(英会話の家庭教師をしている家なのは塀に貼られたチラシで知っていた)


いつも通る道に面して亀が3匹(手のひらくらいある)。
しゃがんで覗き込むと水を一生懸命かきながら近づいてくる。
首をのばして、上目づかいの3匹がガラス一枚へだてて浮き沈みする。
人になれている。


・・・と思ったところで、あ、知ってる、と思った。

亀が人になれることを、ずっと前から知っている。


忘れていたけど、子供のころ家で亀を飼っていた。
祖母が庭いじり中にミミズを見つけると亀にあげていた。

それで、実はずっと亀が好きだったことを思い出した。



母親にメールしてあの亀がどうなったか聞いたら、亀の存在ごと忘れていた。
自分もあんなに好きだったのに、亀がどうなったのか、忘れた。






亀のことを見つけたり、好きだった気持ちを思いだしたり、それでも最後のことは忘れていたり、
自分がすごくいい加減で、寂しい気持ちになって、がっかりして、亀が飼いたくなった。







ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-06-24 18:04 | 日記


ソーシキ博士とショーガどろぼうによるトボケレトロなデザインユニットふりふり組織のブログ。日記や業務連絡など。


by furifurisoshiki

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日記
その他
業務連絡
作品
ショーガの日記

リンク

最新の記事

移動
at 2013-11-19 17:18
新作
at 2013-11-17 22:29
追い込み
at 2013-11-16 20:59
抽選
at 2013-11-15 13:49
発酵
at 2013-11-14 21:48

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31