ピーリング

おはようございます、ソーシキ博士です。


今年になってから顔にニキビが大量に出来るようになってしまいました。
久しぶりに会う人から「あれ?肌荒れてるねー」などと何度も言われるようになり、いよいよこのままじゃダメだと考え始めました。
ただでさえ体質が変わって太りやすくなってきたのに顔までニキビだらけでは目もあてられません。


正直、目上の人に対して「ちょっと生意気だけどなんとなく可愛い青年」というようなキャラを演じることで
いままで仕事をとってきました。


映像業界にちゃんと身を置いたこともなく、そういった関係の学校に通っていたわけでもない、
かといって特に実力も何もない自分にはそれしか方法がなかったのです・・・。

そういったある意味で女子アナやCamCamのモデルのような処世術を行使してきたのに
若さもスタイルも肌のツヤも失ってはもうおしまいです。


その焦りからか、先日「おもしろい女を受け入れられないのは男の器が小さいからだ」などとのたまった
知人の女性と早朝のマクドナルドで2時間口論になってしまいました。

若さや美に匹敵できるようなおもしろさを持っているなら
こんな早朝のマクドナルドで100円コーヒー1杯でねばっていないのではないか・・・。
それを相手のせいにして容姿で選ばれないという現実から安易に目を背けているのではないか・・・。

自分の肉体が日々醜く変化していく恐怖に苛まれていた私は
「そんな簡単なことではないんだ!」と叫びだしたい気分でした。
(その知人の女性とはそれ以来会っていません)


なので先日、意を決して美容皮膚科に行ってきました。


そこには「ニキビコース」という診療コースがあり、まさにうってつけ、藁にもすがる思いでした。
ニキビコースは顔にグリコール酸を塗布して肌の角質を剥がして表面の新陳代謝を活性化し、
ニキビ予防と同時にニキビ跡やくすみを改善する・・・というものでした。



皮膚科の待合室とは別の個室に通されベットに横になります。
優しくて美しいエステティシャンのお姉さんに肌の状態などを説明し
リラックスしたムードで会話を楽しんだあと顔にグリコール酸を塗られました。


痛くてすぐにふき取ってもらいました。


まるで顔が小型のバーナーで焼かれているようでした。
それは昼間に食べた炙りとろサーモンの呪いかと思う程でした。

そんな私を見てエステティシャンのお姉さんが
「こんなに早く拭いて欲しいって行ったのあなたが初めてです」
と言いました。
(ある程度痛みがあっても我慢するものらしいです・・・)


顔がニキビだらけで小太り、しかも根性もないことまで発覚し将来への不安は増しましたが
帰りに寄った居酒屋で食べた馬刺しがとろけるように美味だったので少し元気が出ました。




また来月行こうと思います。
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-11-02 04:53 | 日記


ソーシキ博士とショーガどろぼうによるトボケレトロなデザインユニットふりふり組織のブログ。日記や業務連絡など。


by furifurisoshiki

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日記
その他
業務連絡
作品
ショーガの日記

リンク

最新の記事

移動
at 2013-11-19 17:18
新作
at 2013-11-17 22:29
追い込み
at 2013-11-16 20:59
抽選
at 2013-11-15 13:49
発酵
at 2013-11-14 21:48

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31