<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

コンテンツに応じて

思い切ってADOBEシリーズをCS5にしました。


仕事でずっと画像の切り抜きしてたらもうどんどん憂鬱になってきまして。
仕事なんだか刑期なんだかわかんなくなってきまして。


なのでもう、えいっと買ってみました。


で、アップデートしてみたらあまりにもサクサク切り抜けてびっくり。
結構金かかったけど時給に換算したらこんなのすぐ元取れるわ!!
(仕事がくればですけど)

で、仕事もそこそこにCS5をいじくりまわしてたら、おもしろいですねー。
ホントいまさらですが「コンテンツに応じる」っていう機能がすっごい。



ホントにホントにいまさらなんですけど、嬉しいから自慢したいんです。
いや、ホントすごいんすよ。


例えば旅行先で山の写真を撮ったら、
a0240289_13524697.jpg

秘宝館が写り込んでたとしますね。


娘に「パパ、ここなあに?」とか聞かれたらどうしますか?
「マリリンモンローのスカートがめくれてまん毛が見える場所だよ」
とか言えますか?いえないでしょう!



いままでだったらこんなの修正しようと思ったら大変でしたよ。
時間かけてレタッチするか秘宝館に放火してから撮り直すしかなかった。




でもPhotoshop CS5なら・・・
a0240289_135617.jpg

多角形選択ツールでざっくりと周りを囲んで・・・







a0240289_1357619.jpg

塗りつぶし→コンテンツに応じるを選ぶと・・・







a0240289_13573679.jpg

消えちゃう。


超すごくないっすか?
最高に優秀じゃないっすか?



よく見ると周りの風景に合わせて「そこにあるであろう風景」を
Photoshopが予想して貼り付けてくれてる感じなんですかね。



いやー、賢い。
で、だとしたらですよ・・・
ひょっとして・・・









a0240289_1452164.jpg

タモリさんのサングラスの下の目も予想してくれるんじゃないか?
と思いました。




テレビだと年に1回見れるか見れないかくらいですからね。
ぜひPhotoshopさんにあの目を拝ませてほしい!
賢いからできるはず!できなくてもかなり惜しいところまでいくんじゃないかしら・・・





というわけで早速実践!






手順は一緒です。
a0240289_1452164.jpg

タモリさんの写真から・・・











a0240289_148814.jpg

多角形選択ツールでサングラスを囲んで・・・









a0240289_1484645.jpg

塗りつぶし→コンテンツに応じるを選択。

















さてどうなるのか・・・
















ドキドキ・・・

















ドキドキ・・・






















お、できたかな・・・?































a0240289_1495698.jpg

ずぎゃああああああああ!!!!!!!!!!!!!













文・ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-31 14:47 | その他

警察

a0240289_1914453.jpg















夕方、家に二人組の警察がきた。

朝にも一回来たのだが、ノックするだけで名乗らないので
居留守を使ってしまった。
(この辺りは強引な新聞の勧誘や宗教関係の勧誘がよく来る)

「最近、女児を狙った痴漢が多発しておりまして」
警察手帳を見せながら少し開けたドアをぐいっとつかんでくる。
穏やかな顔つきだが目は笑っていない。


聞くと、事件が起こった日にこの家に若者が入っていくのを見た人がいるという。
その若者どう考えても私だ。


そんなもん自分しかいない。
この家に住んでるんだから。

そりゃあフリーで映像編集してるんだから
昼間からぶらぶらしますよ。コンビニは日に2回くらい行きますよ。

でも警察はそんなこと知らないからね(近所の人も)。


現時点で警察の私に対する印象は、
昼間からぶらぶらしている居留守男


これは大変にマズいのではないか。
なんかもう、容疑者なのではないか。
なんかデジカメで写真撮られたし。

これはイカンと思い、身の潔白を晴らそうと二人を家に招き入れる。
そしてすぐ招き入れるんじゃなかったと後悔。


だって部屋に入ってすぐの所に・・・




a0240289_19384420.jpg
























「21世紀のための吾妻ひでお」


なんなんだこの本は・・・。
ケツが出てるじゃないか・・・。


これで警察の私への印象は
昼間からぶらぶらしている居留守男(ケツが出てる本所有)
になった。

もうダメだ。逮捕だ。
頭の中を中島みゆきの「世情」が流れる(ちょうどいま金八やってるし)


そして警察が鋭い視線をDVD棚にうつすとそこには様々なジャンルのAVが。
まだ見てない「AV女優 小向美奈子」とかもある。
ちがう!ちがうんだよ!

私はなんかテンパってしまい「このAVは全部合法です」とかわけのわからないことを口走ってしまう。
そして警察に「AVとかは関係ないです」とさらりと流される。



お、お、おとり捜査!(違う)





まぁ、その後はなんにもなく少し話してすぐ帰っていったのですが。
なんか「警察に疑われてる!」と思うと人間あせりますね。

あと近所の人が思ってる以上に自分のことを怪しいやつだと思ってることもわかった。
ゴミ捨てとかちゃんとやってるのになぁ・・・。


ちなみに「フリーでやられてる時のお名前はあるんですか?」って聞かれたから
「ないです」と答えておきました。もっと怪しまれると思ったので。












文・ソーシキ博士 イラスト・ショーガどろぼう
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-29 20:10 | 日記

サンシャイン

a0240289_11494195.jpg















いま思うとひどく勝手な話だが、私は玄関先で笑顔を作ることもできず
呆然と立ち尽くしていた。


「誰か呼べる女の子はいないのか?」


そんな風に同居していた友人に頼んだのは私の方だったし、
冷静に考えると二人は寒い中遠くからきてくれたのだ。


すべては「期待しすぎ」ていた自分のせいだった。



端的にいうと来た女性のうち一人は、

a0240289_23274754.jpg















こんな感じの方だった。

もう一人は背が低く声がやたら大きい女性だった。


それでも会話だけでも楽しめればいいと思ったが、
甘い考えだった。


彼女達の話題は「クラスメートへの辛辣な愚痴」が中心で、
会話はまったく盛り上がらなかった。


愚痴の最中、背が低く声がやたら大きいほうの女性がいきなり
「これちょうだーい」といって私の持っていたCDを強奪しようとした。

断るとサンシャインに似ているほうの女性に「なんであげないのか?」と
割と本気の口調で詰問された。


わけがわからなかった。


なぜ会ってすぐの女性にCDをあげなければいけないのか。
山賊のような考え方の二人だった。
(いま思うと私のほうこそ彼女達の期待を裏切っていたのかもしれない)


私はもう、なんかやけになり、サンシャインに似ているほうを
a0240289_23274754.jpg















「サンシャイン」と呼ぶことにした。

「どういう意味?」と聞かれたので「まぶしい女性ってことだよ」と説明した。



もうどうでもよくなった私は友人に二人の相手をまかせてゲームをやり始めた(最低)。
そして悲劇は起こった。


なんとはなしに始めたゲームが
「キン肉マンII世 新世代超人VS伝説超人」
トーナメントモードで、トーナメント表の端に本物のサンシャインが登録されてしまっていたのだ。


「ヤバイ!」とは思ったがコンピューターの試合はスキップできるし、
自分のチームと戦う前に敗れていなくなるかも知れないと思った。














a0240289_23274754.jpg















でもどんどん勝ち上がってくるサンシャイン。










a0240289_23274754.jpg















なんか破竹の勢いで勝ちあがってくるサンシャイン。











a0240289_23274754.jpg















ついに決勝戦は私とサンシャインになってしまった。






私は「これは絶対に気づかれてはいけない」と思い、
全テクニックを駆使してサンシャインをボコボコにした。

画面に映る時間がほとんどなくなるように秒殺しようとした。
(いま思えばゲームをやめれば良かっただけの話)

サンシャインを殴って、蹴って、ぶん投げて、必殺技を使いまくった。
調子がいい。いつにも増して技が冴え渡っていた。
ゲームの中は大変な盛り上がりだったが、どうも部屋の空気がおかしい。












a0240289_23274754.jpg















振り向くとサンシャイン似の女性が
ボコボコにされる本物のサンシャインを見ていた。



















a0240289_23274754.jpg
a0240289_0183479.jpg






























こんな感じだった。




















a0240289_0262976.jpg
a0240289_0261824.jpg
a0240289_0262976.jpg
a0240289_0261824.jpg
a0240289_0262976.jpg
a0240289_0261824.jpg

























































































地獄のような時間が流れた。









トーナメントは優勝したが、始発で帰っていく二人に往復の交通費を請求され、支払った。
私はその日、二人のサンシャインと対戦したのだった(1勝1敗)。












文・ソーシキ博士 イラスト・ショーガどろぼう
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-27 02:03 | 日記

2012年3月25日

a0240289_21582986.jpg

[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-25 22:40 | 日記

アメコミヒーローの営業

仕事の息抜きにTumblrなんかチョコチョコやって画像集めてるんですが
どうしても気になる種類の画像があるんです。

見てると切なくなるんですよ。
仕事って大変だなって思うんですよ。

アメコミヒーローの営業
って呼んでるんですけど例えば・・・





a0240289_5284097.jpg

こういうの。

キャプテン・アメリカさんが子供と握手してますね。
ヒーローの営業ですよ。
たぶん休日に地方を回ってるんでしょう。
ローカル感と哀愁がすごい。



a0240289_5321443.jpg

ほらほら。

子供の微妙なまばらさが寂しい。
せっかくキャプテンアメリカさんが来てくれたのに・・・。
背景から察すると町の小さな遊園地なんでしょうか。




a0240289_5353659.jpg

子供抱っこしたり。

子供ぜんっぜん笑ってない!
温度差!寂しい!

















キャプテンアメリカさん以外の他のヒーローも大変みたいですよ。

















a0240289_775913.jpg

バットマン先輩。

後ろの垂れ幕に書いてある「meet in person」ってのは
「直接会う」っていう意味みたいです。
いま会えるヒーロー!ザ・営業!








でも直接会えるっていってもね、
写真撮るのは親だからやっぱり子供が気になるんでしょうね・・・








a0240289_5435089.jpg

見切れちゃってる。

バットマン先輩見切れちゃってる。
見切れちゃってるのに、笑ってる・・・。寂しい。



a0240289_5464226.jpg

で、やっぱり抱っこ。

マスクずれてるよ!
子供もなんか苦笑いじゃないっすか。



















バットマン先輩に負けじとスパイダーマン兄さんだって頑張ってますよ。


















a0240289_5485249.jpg

なんかもうティッシュ配りみたい。
握手配りですよ。
後ろの若者達にはたぶん無視されましたよ。
そりゃあ背中も丸まりますよ。



a0240289_5513345.jpg

息子じゃないんだから。

息子の大学行きが決まった写真じゃないんだから。
あとお母さん、せめてタバコはやめようよ!



a0240289_5541798.jpg

こっちでは孫だった。

芝生とフェンスがあるけどまさか同じ場所?
あれ、ひょっとして本当の息子?

















あとこれはアメコミじゃないんですけど・・・



















a0240289_603538.jpg

ダースベイダー先生。
周りと微妙に距離があるから道に迷ったみたいになってるよ!



a0240289_62743.jpg

もっと集客してあげて!

この人すごい偉いんだよ!
「ダースベイダーが町にやってくる!」みたいな貼り紙ちゃんとばら撒いた?

でもこの男の子はたぶんすごいダースベイダーが先生が好きなんだろうな・・・
と、思いきや・・・





a0240289_6141529.jpg

同じ子がクッキーモンスターに噛まれてるよ!

なんかこっちの方が楽しそうじゃん!
セサミストリート呼ぶならダースベイダー先生いらないだろ!
ダースベイダー先生帰りのマイクロバスで落ち込んでただろうな・・・。


















あとこれはなんのキャラかわかんないんですが・・・



















a0240289_6235356.jpg

写真の構図がプラモメイン。
感じるよ・・・もはや悪意を感じるよ・・・。



















で、哀愁とか通り越してなんかもう無残なヒーローがいまして・・・





















それは誰かというと・・・




































a0240289_6291822.jpg

ハルク。

なんなんだこの着ぐるみのクオリティーは。
もう水死体じゃないっすか。



a0240289_6311615.jpg

怖い怖い怖い!

せっかく子供ハルクTシャツ着てきたのに!
「なんか・・・違う・・・」って思ってますよ。
この子は次の日から急に大人びたと思う。



a0240289_6334541.jpg

お前は抱っことかいいから。

肩の構造上たぶん無理だから。
あときっとハルクは体育館のマットみたいな臭いだと思う。





こんな感じでですね、ちょっと違うのもありますけど(ハルクとか)
哀愁漂う営業中のヒーローをTumblrで見つけると救出するような気持ちで
つい保存してしまうんですよ。

けっこうちょくちょくあるんで、見つけたら教えて欲しいです。
基本が全身タイツだからかスパイダーマンがやっぱり一番多いですけどね。























a0240289_6452621.jpg

これはヒーローじゃないよね?












文・ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-22 21:30 | その他

ナンダコーレ

【業務連絡】



スペースシャワーTVナンダコーレ「幸せのズィ~レイバク転計画」をふりふり組織が制作いたしました。
前回マキタ学級さんとドッキリ作ったヤツですね。


果たしてズィ~レイさんはバク転できるようになるのか!?



出演はタナカ" ズィ~レイ"レイジさん(YOUR SONG IS GOOD)、村田シゲさん(口口口 CUBISMO GRAFICO FIVE Circle Darko)、ボイネスガールのゆまちゃんです。

a0240289_285578.jpg

熊とTシャツとボイネス!!!!!!!!



a0240289_2111142.jpg

カクバリ・ブックス!!!!!!!!!!!






このPV大好き!!!!!!!!!!








よろしくおねがいいたします。
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-20 20:56 | 業務連絡

SPA!

【業務連絡】

a0240289_1743899.jpg


本日発売SPA!の特集、
「面接官が教える[内定出す/出さない]本音の基準」
のイラストをふりふり組織が担当いたしました。

日刊SPA!の方にもイラスト載っております。





前回のSPA!のイラストはこんな感じでしたね。

a0240289_17470100.jpg

a0240289_17471011.jpg

a0240289_17472180.jpg


忘れないでチェックして下さい!



よろしくお願いいたします。
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-19 17:50 | 業務連絡

レフェリー

a0240289_1973194.jpg















「K-1のレフェリーが近所に住んでいる」
そんな噂が聞こえてきたのは私が友人と三人で品川で共同生活を始めてニヶ月も経った頃だった。


同居人やその友達が、

「住んでいるらしい」
「見た気がする」

と口々にいう。


格闘技が好きだった私はあのK-1の、口ひげを生やした、テレビなどでしばしばマオカラーのスーツを
着用した姿を見かけるレフェリーが近所に住んでいるという情報に驚いた。

だが上京して一年そこらの私には「有名人と近所」という状況がにわかには信じられず、
その噂を鵜呑みにすることはできなかった。


しかし段々とその噂を口にする者が増えていく。


「近所の中華料理屋にサインが貼ってあった」
「その中華料理屋がレフェリーオススメの店としてテレビで紹介されていた」
「ペットショップのおばちゃんが住んでるといっていた」

ついにはレフェリーが住んでいるのは真向かいのマンションだという情報まで寄せられた。


坂道を挟んで向かいにあるそのマンションは素朴ながら洒落た雰囲気があり、
たしかに有名人が住んでいてもおかしくない。

だがその頃我が家に出入りしていたのは無職のペテン師のような者ばかりだったので
やはりどうにもその噂からはきな臭さが漂った。






それからしばらく経って噂も忘れかけた頃、家の前の坂道を、

「角田ん~ち行~くぞ~」

と歌いながら下っていく小学生の集団に遭遇、その歌が自分の周りで流行った。








文・ソーシキ博士 イラスト・ショーガどろぼう
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-18 20:07 | 日記

緊急連絡網

a0240289_22212951.jpg















いまもあるのかわからないが小学生のとき緊急連絡網というのがあった。


最初に学校が3家庭くらいに電話する。
それを受けた家庭がまた次の家庭に電話、そうして緊急の連絡をリレーのように回すシステム。

一年生の時、先生に一人一人立たされて家の電話番号をいわされた。
(いま考えるとずいぶん乱暴だから個人情報なんちゃらでもうないかも)



で、ある日友達から変なことを言われた。

「お前んち、タクシー会社やってんの?」

全然やってなかったので「やってないよ」と答えた。
こいつバカか、と思った。



また別の日にも友達から、

「お前んちタクシーの会社なんだな」

と言われこいつもバカなのか、と思った。


ある時何人かの友達が、

「うちに電話をするとタクシーのおじさんが出て電話を代わってくれない」
という話題で盛り上がっていた。

バカが見えないところで増えていた。


いよいよおかしいと思い確認してみると、緊急連絡網の自分の家のところにタクシー会社の番号が書かれていた。


バカは自分だった。
家の番号と間違えて茶の間に貼ってあったタクシー会社のカレンダーの電話番号をいってしまったのだ。


学校からの緊急の連絡が自分の家に伝わる段階でどこぞのタクシー会社へと吸い込まれて消えていく・・・。

なにか大きな秩序を自分の手で乱してしまったと感じ、怖くて泣いた。
しかしそれを先生に告げると自分の無能をなじられそうで恐ろしく、その日から大きな秘密を抱えたまま日々を過ごすこととなった。





6年生のとき明らかに私に好意を持っていたヘンな顔の女子から、

「何度電話してもタクシー会社につながるよね~」

といわれ大声で「うるせぇバーカ!」と叫んでそいつを泣かせた。









文・ソーシキ博士 イラスト・ショーガどろぼう
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-17 23:45 | 日記

a0240289_1719815.jpg















祖母の100歳の誕生日会があった。
両親が共働きだったから祖母は私にとって育ての親のような人。
「100歳まで長生きしてね」と子供の頃約束したことを守ってくれた。


100歳の誕生日会だから普段は会わない親戚も集まった。
相続問題でなんちゃらかんちゃらした親戚もいたが久しぶりに会う祖母の前ではみな破顔していた。
(100歳イオンのようなものが祖母から出ている)


で、そこに7つ歳の離れた兄も来ていた。
会うのは姉の結婚式以来でお互いの連絡先も知らない。
私は家族見知りする。


中華料理を食べながら近況を少し聞いてみると、

「最近コラムとか書いてるんだ」

という。


(仙台でサラリーマンをしている兄がコラム?)
(友達とミニコミとか電子書籍でも始めたのだろうか?)
正直、兄がなんかそんな個人的な活動を「コラム書いてる」なんて職業っぽく言うの恥ずかしいと思った。


「去年の印税は2000万円になった」


えええ!???


すでに誰でも知っているいくつかの大手出版社から書籍を何冊か出しているという。
フ●テレビの番組からコメンテーターを頼まれたが断ったという。
というかふりふり組織が仕事したい出版社ともガンガン仕事していた。



なんだコイツ!???



家族見知りする私だが兄が嘘をついていないのはその言い方でわかった。
それに兄はたしかにそういう素質というか、元々よくわからない人だった。


例えば夏休みになって帰省した大学生の兄は、家に着くなり私の部屋の前にきて
「○○ちゃ~ん(私の本名)」
と言いながらビンビンに勃起したぽこちんを見せてきた。
で、特にそれについては説明もなく一週間くらいすると帰っていった。


私はその後「大学デビュー」という言葉を知ったが、別に勃起したぽこちんを見せてくるのは大学デビューでもなんでもないのもすぐ知った。


普段は優しいが、どこか掴みどころがない。
なにかが確実におかしいが、それがなんなのかわからない。
昔から人見知りで人を遠くから眺めてばかりいた私にも兄はどうにも分類できない、強いていえば「静かに狂ってる人」だった。

だからその話を聞いて逆に「ああ、やっぱりこの人変だったんだな」と妙に納得した。
結局、作家名や出版した本の名前は聞けなかった。




私は親戚の子供に「シャキーン!」の話をしてヒーローになった。
祖母は兄のことを忘れてしまっていたが目が合うとニコニコ笑っていた。











文・ソーシキ博士 イラスト・ショーガどろぼう
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-03-16 19:01 | 日記


ソーシキ博士とショーガどろぼうによるトボケレトロなデザインユニットふりふり組織のブログ。日記や業務連絡など。


by furifurisoshiki

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日記
その他
業務連絡
作品
ショーガの日記

リンク

最新の記事

移動
at 2013-11-19 17:18
新作
at 2013-11-17 22:29
追い込み
at 2013-11-16 20:59
抽選
at 2013-11-15 13:49
発酵
at 2013-11-14 21:48

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧