<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

用務員K

中学を卒業した私は友人2人とファミレスに集まっていた。


a0240289_2225983.jpg

高校にあがる前にどうしても決めておかねばいけないことがあったのだ・・・。





当時、「日本崖っぷち大賞」という本が出ていたのを皆さんはご存知でしょうか。

その本はみうらじゅん、泉麻人、山田五郎、安西肇の偏った識者四人が
毎回ありとあらゆるテーマの常識と非常識の境界線、
すなわち崖っぷちを決定する・・・という趣旨の本です。

まぁ、わかりやすくいうとそのテーマの中で話題に出しても
ギリギリ誰にでも通用するのはなにか決めようって感じです。
(例えば「ウルトラマン」ならミクラスはダメ。ダダは崖っぷち・・・みたいな)

なんか大人がダラダラとくだらないことを真剣に話してるのが好きでした。


a0240289_2232179.jpg

いまでも持ってますよ。



で、その本に感化されていた我々は
「小・中学校を通じての思い出崖っぷち大賞」
を決めようということになっていたのです。





そしてドリンクバーでお腹をガボガボにしながら話し合うこと3時間・・・


崖っぷちってことは「一番おもしろかった思い出」じゃなく
「ギリギリ覚えてられそうなおもしろい思い出」だから会議は難航しましたが・・・


a0240289_22345140.jpg

a0240289_223511.jpg


満場一致で決まった我々の小・中学校時代の崖っぷち大賞がコレ↓















小学校の用務員でKっていうおっさんがいた。
a0240289_22372167.jpg

当時42歳くらいだったのかな?

ルー大柴が腹話術の人形になったような
子供に好かれそうなルックスのおっさんだったのですが・・・




a0240289_22391359.jpg

子供が騒いでたりすると・・・






a0240289_22394624.jpg

このように問答無用で叱りとばすことから生徒達はビビりまくり、
Kはけっこう嫌われてた。






a0240289_22404125.jpg

むこうから話しかけてくることもなく、ぜんぜん愛想もよくないので(別に子供に愛想なんて使わなくてもいいけど)
生徒とKは普段はナチュラルに無視しあうようなそんな感じでしたね。






で、そのままKとは誰も仲良くなることなく小学校を卒業しました。





そして中学にあがるまでのお休み期間に・・・





a0240289_22421674.jpg

小学校から一通の手紙が届くの。









中をあけてみるとそこにはなぜか・・・









a0240289_22433647.jpg

小さいKの写真が。












「なんだこれ、不条理すぎて薄気味わるいよ・・・」
と思いつつ同封されていた手紙を読んでみると・・・










「卒業アルバムにKさんの写真を貼り忘れてしまいました。のりとかで貼ってね」
って書いてあった。
a0240289_22453289.jpg

ええぇぇぇぇぇ~!!!?????


そこ忘れる!?
そんなことある??絶対に許されない凡ミスじゃん!
ある?あとから写真をのりで貼り付ける卒業アルバムってある?
っていうかひょっとしてKって職員にも嫌われてたの???


と、驚愕&あきれながら送られてきたKの写真をあらためて見てみると・・・








a0240289_22481682.jpg

一度もみたことのない満面の笑みを浮かべたKのトレーナーに・・・








a0240289_22485022.jpg

くまがでるぞ!!って書いてあった。








うわぁ・・・これはその後の人生でもみたことないようなフルスイングの愛嬌じゃないっすか・・・。
こんな写真貼り忘れちゃダメだよ小学校・・・。

くま、でるどころかあやうく冬眠するところだったじゃん・・・。







そしてKに怒鳴られた思い出とこの写真のすさまじい哀愁が幼い脳内で激しく点滅し・・・






a0240289_2251204.jpg

吐くかと思うくらい笑いました。






この「くまがでるぞ!!事件」が我々の小・中学校時代の崖っぷち大賞であります。
(Kさんいま考えるとすげーいい人だな)









ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-29 23:14 | 日記

ガチ相撲ゲーム&ウォッチ

ガチ相撲ゲーム&ウォッチ(ふりふり組織)

SUMO芸人アカツになってトーナメント(ハシゴ)をかけ上ろう!

ボビィの愛犬攻撃(大家に内緒)やナカニシのマッケンロー(タル攻撃)をハッソウとびでよけまくれ!
頭上からふりそそぐアケボノの塩に当たらないようスイッチを入れて、
ハジメロボットに土俵にあげてもらえばゴールだ。

キミは優勝してフィアンセにプロポーズできるかな?









去年もっとも興奮した興行、「タレント名鑑」のガチ相撲トーナメントのDVD発売を
記念して(っていうか単純に嬉しくて)ガチ相撲をゲーム&ウォッチ風にしてみました!

基本、第一回大会をフューチャーしつつ(ハジメとか出てきますが)バカ一代のノリをまぶして
マルチスクリーンのドンキーコング風に仕上げてみました。
(相撲バトルロワイアルでも一瞬考えたけど、アイテムの要素がゲーム&ウォッチだと難しい)


「タレント名鑑」の好きな所は会議中の笑い声が聞こえてくる感じ。

ガチ相撲でもそこは一貫してて、
「柳龍拳どうかな?」「アハハハハ!いいねぇ!」みたいな。
あの感じたまらん!!



今年、秋場所見られるといいなあ。




a0240289_1858816.jpg

これからゆっくりDVD見ま~す。








ゲームウォッチ制作・ふりふり組織
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-27 22:08 | 日記

鏡女

こないだ「第21回 横浜骨董ワールド」へ向かう電車で、


a0240289_20582133.jpg

向かいにこんな感じの女性が座っていました。
微妙に年齢不詳ながら肌ツヤを見るに22~23歳くらい。

ピシッとリクルートスーツを着ているのも若く見える原因かも。
「これから就職の面接に行くのかな?」
って感じです。なんか手にクリアファイル持ってるし。


で、向かいに座ってるからなんとなく見ていたら
この女性おもむろに手鏡を取りだして・・・




a0240289_2104698.jpg

ニコッって笑う。




a0240289_211397.jpg

ちょっと角度をつけてニコ~って満面の笑み。



一人で乗ってるんですよ?
周りの目も気にせずちょっとどうかと思うくらい鏡に向かって微笑んでるの。
ずーっと。


まぁ、ね。
「面接のときの笑顔の練習かな~?」
って好意的に考えようと思えば考えられるんですよ。

でも、それでもちょっとどうかと思うくらいの100万ドルの笑みなんで
「ナルシストな女だな~」って思ってました。






しかし次の瞬間・・・







a0240289_2181610.jpg

鏡に向かって白目をむいてブルブル震えだす女。







事態は急展開ですよ。
けっこう長い間白目むいてる。
で、その顔を鏡で見てる。

「あれ・・・ナルシルストとかじゃねえな、これ・・・」

っていうかこれなんなんだろう・・・。
おばけ屋敷に就職するのか?その練習?
わるいよ・・・薄気味がわるいよ・・・。










奇人と電車に乗り合わせたときのあの独特の緊張感が車内を包み込みはじめた・・・









その時・・・

















a0240289_21192447.jpg

自分の前髪を必死に息で吹きあげだす女。




必死。ものっすごい必死。
そして夢中。
鏡でそれを見る眼差しもすごい真剣。
ゴリラがぶらさがってるバナナを棒で叩いてるくらい必死。


こわ~~~~い・・・。


少なくともナルシストとかそういう次元じゃないし(すげえ顔になってるし)
就職の面接とかできるわけねえ!!(たぶん)

これなに?
これ本当になんなの?














最終的に
「鏡というものをはじめて見た女」
ということにして、電車を降りました。
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-24 21:49 | 日記

診断メーカー

「モノ言う株主診断」
http://shindanmaker.com/218290



暇なので作ってみました。



「金儲けがなぜ悪いんですか?」
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-23 22:16 | その他

第21回 横浜骨董ワールド

a0240289_14401711.jpg
















昨日はパシフィコ横浜で開催されていた「第21回 横浜骨董ワールド」へ。
仕事の資料になりそうなトボケレトロなものを探す旅に。



a0240289_14415733.jpg

a0240289_14422090.jpg

こんな感じで色々な骨董屋さんがひしめいていますね。




ひしめきすぎて中には
割れた皿、腐った紙、汚ねえ鏡、朽ち果てた靴、引き裂かれた布
なども売ってました。




a0240289_144806.jpg

こういった誰にも愛された形跡のない人形が売ってて
不気味すぎて手にとったら

「1800円でいいわよ」

と言われて「いいわよ」じゃねえと思ったりもしました。




でも基本的には楽しく、興味深いものが多かったです。
あとあれだね。私なんか古いタンス見るの好きだね。欲しいね。




で、戦利品。




a0240289_14522855.jpg

「週刊少年キング 70年 10月18日号」
300円でした。キング300円は安い!




a0240289_14534825.jpg

主婦の友 ふろく2冊

昭和24年とか書いてますよ。2冊で800円。
資料になるわー。




a0240289_14552614.jpg

小学三年生ふろく めいろう少女まんが 二人で夢を

昭和35年発行。200円でした。
「めいろう」とかすぐ使いたい良い言葉。




a0240289_14572277.jpg

(有)オートリ フラワーマイク

今回の目玉。スーパーかわいい。
資料っていうかただの趣味で購入。




a0240289_14583139.jpg

中もキレイ!1000円!最高!






骨董屋さんってイッセー尾形さんにネタにされそうな
個性的な人が多いなーと思いました。







文・ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-21 15:07 | 日記

閉所恐怖ラーメン

a0240289_22274880.jpg















夕方ごろ、無性にラーメンが食べたくなってきた。
食べたい。食べたい。


魚粉と太面が苦手なのであんまりラーメンを食べて満足することはないけど、
なんか今日は違う。

自分の中の「男子感」がにんにくがガッツリ利いたラーメンを欲している。

ベットの上で幾度となく「こんな暴れ牛はスペインにもいないわ!」と賞賛を受けた
あの「男子感」が、獲物を求めて山を駆け下りようとしていた・・・。



で、話は変わりますが私ってば軽度の閉所恐怖症なんです。
新幹線とか飛行機でも絶対通路側に座るし、観劇する時もそう。

自分の両側に人がいて密閉間があると息苦しくなってきて、それを意識するともうダメ。
心臓がバクバクしてきてパニックになります。
(なる前に席を立ちますけど)



これは、そんな私に起こった悲劇の物語です。



ラーメン屋に行くとカウンターは6席。両端が埋まっていたので真ん中の席に座りました。
ここは頼むとにんにくを3粒までサービスしてくれるので、男子感も満足するでしょう。




a0240289_22481228.jpg

目の前にコチョコチョとした調味料が。
なんかもうすでにちょっとせまいのですが、隣りに誰もいないので平気です。
なんか「肉そば」みたいな名前のラーメンを注文しました。



a0240289_22573781.jpg

送っていただいたTVブロスを読みながらラーメン待機。
(ワクサカソウヘイさんのコラムが素晴らしかった)

なんかせまさが増している気がしますが、まあまあ。



a0240289_22595825.jpg

と、思っていたら隣に若者が座りました。
せまいな、でも右側が空いてるから別に大丈夫です。



a0240289_2305467.jpg

肉そばとにんにくが届きました。壷からニラをドカドカ入れて食べます。
TVブロスは半分に折って読みますよ。

せまくて食べづらいな。でもにんにく利いててうまいな。



で、ここで隣りの若者が頼んだものが届くのですが・・・



a0240289_2331345.jpg

まず餃子とタレを作る小皿みたいなもの。



a0240289_2353665.jpg

そしてビールとトッピングの玉子。



a0240289_2363320.jpg

そしてラーメンとにんにく。

ホームパーティーか。

一人でなんぼほど皿使うんだ。
若さってこういうことなのか。
せまいよ。ちょっと怖いよ。


でもまあ右側がまだ空いてる・・・



a0240289_2383299.jpg

はい埋まったー。

しかも恰幅のいいヤクザ風のおっさんですよ。
恰幅がいいからせーまい。
恰幅のぶん、普通の人が隣りにくるよりせーまい。


そしてここからが本当によくわからなかったんですが・・・



a0240289_23113149.jpg

なんか書類を広げだすヤクザ風の男。

しかもチラっと見てみると全部不動産系の書類と小切手、領収書の類。
もう、本当にヤクザなの?

で、こんなにガンガン広げられたらせーまい。
そんで汁飛ばしたらぶん殴られそうだからラーメン食べづらい。
せーまいせーまい。食べづらーーーい!!



・・・ここらへんでもう限界だったんでラーメン4割くらい残して店を出ました。
最終的にはせまさというよりヤクザが怖かったです。







文・ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-15 23:25 | 日記

Masaya Nakahara Solo Exhibition


清澄白河で行われていた中原昌也氏の個展へ。



a0240289_111105.jpg


実物の迫力すごかった。

a0240289_112288.jpg


塗りこまれているのにどこまでもクール。

a0240289_1134243.jpg


時間を忘れて見入りました。

a0240289_114976.jpg


かっこいい。

a0240289_1144229.jpg


点数も多くて見ごたえありました。




あまりにも良すぎて今月物をドカドカ売る覚悟で
小さいサイズの絵を購入。





a0240289_115505.jpg


ホントはこれが欲しかったです・・・。













しかし、大満足。
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-14 01:21 | 日記

最近

a0240289_22532723.jpg
















4月8日はセクシーJさんの単独LIVEへ。

「芸人としての進退をかけた一世一代のドキュメントライブ」

という触れ込みだったのですが、


どこまでが狙いで、どこまでが狙い通りで、どこまでが狙ってはずしたもので、

どこまでがアドリブで、どこまでがホントの失敗で、どこまでがおもしろい間違いなのか、


見ていてもほとんどわからず、ドキュメンタリーというより上質なフェイクドキュメントを見ているようでした。
(特にラストの泣いているのか泣いていないのかわからないJさんは神がかっていた)



で、Jさんは見た目が

a0240289_2364719.jpg


こんな感じでバツグンなんでなんかもうずっと基本的にはおもしろい雰囲気が舞台にあるの。オーラというか。

ネタとしては「丸太を切ります!」と言って舞台上で丸太を切り出して「やっぱり切れませんでした!」といって帰っていく「不器用マン」など、見ていて思わず「知らないよ!」といいたくなるものが多くて、勝手に始まって勝手に終わっていくそのおもしろさはまるであの最高マンガ「どげせん」の読後感でした。


死ぬほど笑ったし、フェイクドキュメンタリーの手法を色々研究している自分としては本当に衝撃的で。
ショーガも大満足だったようで、ちょっと本当にすさまじいものを見た、という夜でした。



a0240289_23194364.jpg


Jさんと。
Tシャツ作ってプレゼントしました。





そして昨日は

a0240289_23204437.jpg


スペイン版マジンガーZを買ったり、



a0240289_23212643.jpg


ミラーマンのかっこよすぎる絵本を買ったり(レコードつき)
某社ですごい打ち合わせをしてきたり、



充実した日々を送っております。
元気です。
収入がドンドン上がっています。








文・ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-10 23:28 | 日記

チャイレ星人

【業務連絡】

a0240289_235237.jpg


毎週月曜~金曜、朝7時からEテレにて放送の「シャキーン!」の新コーナー「チャイレ星人」のテロップデザインをふりふり組織が担当させていただきました。

一週おきに放送・・・というようなことを聞いた気がするのですが、定かではないので皆さんが毎日チェックして下さい!!



みチャてチャね!!(←「チャイレ」ってこういうことです)
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-09 23:55 | 業務連絡

ケビン・リチャードソン

実はこのブログはふりふり組織の活動報告を主にしたブログではありません。
全然ちがうんです。

このブログは人間なのにライオンとかとすげー仲良くなってる人を紹介するためのブログです。

もっと端的にいうと南アフリカの動物学者、ケビン・リチャードソンの動画を
ただ貼り付けるために開設されたブログです。



では、さっそく見ていきましょう。



ライオンとトラとケビン。


このいつまでも見ていられる幸せな映像はなんなんだ!



こちらはライオンとイヌとケビンなど。


この種族を超えたなんかダラダラとしている空間はなんなんだ!
全員働け!



ハイエナやチーターをおんぶするケビン、他色々なケビン。


3分あたりから出てくる池に入っていくケビンをライオンが追いかけて抱きつくシーンはなんなんだ!
ふざけるな!




38頭のライオンの群れの一員として受け入れられているケビン。


受け入れるほうも受け入れられるほうもなんなんだ!




子を産んだばかりの母ライオンに信頼されきっているケビン。


なんだお前らつきあってんのか!?
店でも出す気か!??




とにかくこのようにライオンと仲が良すぎるケビン・リチャードソン。
ヤバくないっすか?見てるとかわいい&羨ましいで頭が痛くなってきます。

ふりふり組織認定の全国ケビンランキングでもケビン・ランデルマンや海外ドラマ「素晴らしき日々」の主役ケビン・アーノルド、スポーツトレーナーのケビン山崎氏を抑え堂々1位となっております。

あまりにも可愛かったので米amazonでDVD注文してしまいましたね。




世界の動物学者、いかがだったでしょうか。
次回は巨大ナメクジを丸飲みするムツゴロウさんです。



3分18秒あたりから。










文・ソーシキ博士
[PR]
by furifurisoshiki | 2012-04-07 18:05 | その他


ソーシキ博士とショーガどろぼうによるトボケレトロなデザインユニットふりふり組織のブログ。日記や業務連絡など。


by furifurisoshiki

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日記
その他
業務連絡
作品
ショーガの日記

リンク

最新の記事

移動
at 2013-11-19 17:18
新作
at 2013-11-17 22:29
追い込み
at 2013-11-16 20:59
抽選
at 2013-11-15 13:49
発酵
at 2013-11-14 21:48

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧